マガジン
02.15.18

マニュファクチュール ジャン・ルソーはフランス政府より「無形文化財企業」に 3回認定されました!

by Jacques Bordier

2007年以来、マニュファクチュールジャン・ルソーはフランス政府より名高い無形文化財企業(EPV認定書)「無形文化財企業」に認定されています。私たちはフランス政府より認定期間5年間のEPV認定書を授与されて、非常に誇りに思っています。有効期間は5年ですが、2012年にはさらに5年間継続されました。このEPV認定書は、伝統工芸を伝承・推進する、優れた工業・手工業の企業に対して発行しており、熟練した技術を習得した職人の技術的専門知識を認めています。

EPV認定書を授与するということは、極めて優れた企業であるということを証明するものであり、弊社が非常に良質な製品を手がけることに特定はしてないまでも、伝統的な技術を習得したことを証明しています。また、会社がクリエイティブであること、お客様のこだわり抜いたオーダーにでも応えることができるということを証しています。皮革は加工処理から最終仕上げまでを行い、そして専用工具の製造から職人の育成に至るまで、全て自社内で直接管理するということは、オーダーメイドを受けたお客様が満足いただけるということを保証しております。私たちが成し遂げた努力であるこの認定書はお客様のご要望に値します。

EPV認定書の価値というのは、自国生産を行い、その地域との長期的な関係を大切にしているということも評価のうちに入っています。フランシュ・コンテ地方の中心地に位置するマニュファクチュールにて、「Made in France」の精神を重要視し、本物に備わる魅力と伝統技術の継承を大切にし続けながら、自社でデザインされた全製品を原皮から最終製品まで、私たちはベストを尽くし、手作業で製造しております。

今日、特にフランス文化の一部であるEPV認定書を授与し、常に上質で信頼性の高い「Made in France」に対しての価値を認めている海外の顧客と取引があるということに私たちは非常に嬉しく思います。

私たちはフランスの伝統遺産と国内外の市場における文化に対して、自分たちは親善大使のようだと思います。そして、この認定書が私たちの素晴らしいチームに贈られたことに感謝したいと思います。

個人的なコメントとして言い残したいことがあるが、このEVP認定書を授与したのは、優れた伝統技術を継承し、長年に渡って私が職人に育成してきた努力で得た報酬だと思います。私が退職するとき、娘のアナイスに引き継ぐには責任があると感じます。現在、ここ数年を共に働いてきて思うことは、優れた工業・手工業の企業であることを最優先に保護・推進していくという同じ考えが私たちにあるのは確かです。